社長ブログ

おおさか東線(JR西日本)

  • 2019/04/17

富士産業有限会社、下代勝レポート。

おおさか東線の新大阪~放出間が開業(3月16日)という事で見て来ました。

新たに「南吹田駅」、「JR淡路駅」、「城北公園通駅」、「JR野江駅」が開業し、これで「おおさか東線」は全線開業した事になります。

新大阪~久宝寺間の各駅に停車する「普通」と、新大阪~奈良間を直通で結ぶ「直通快速」を運行。

直通快速は1日4往復。新大阪~奈良間が約1時間(JR西日本の広告を下代要約)。

新大阪から各駅停車の普通に乗った感想は、土曜日の夕方なのに、それなりに乗客が絶えることなく乗り降りして、少なくとも座席は入れ替わり立ち替わりしながらも、ほぼ満席。まさか皆さん、自分と同じように試乗目的ではないでしょうから、なかなかの利用状況でした。

新大阪をスタートしてから、ずっと街中を走っているので、「よくこんな所に新線を通すスペースがあったなぁ~」というのが素直な第一声。城東貨物線を旅客線として利用したらしい。

また、接続する他線も盛り沢山。大阪市内から郊外へ伸びる各線を上手く取り込んだ感じ。

今回開業した新駅を例に取ってみても、JR淡路駅は阪急京都線・千里線と接続。JR野江駅は京阪本線、大阪メトロ谷町線と接続。各駅停車の駅ですら、二つに一つは接続線が(それも複数)ある状況。それなりの混み具合も納得。

後は、新大阪~奈良直通の新線が開通した利点をどう活かせるか?、というところでしょうか。