ブログ

水間寺プロジェクションマッピング(貝塚市)

  • 2018/10/01

富士産業有限会社、下代勝レポート。

水間寺のプロジェクションマッピングの内覧会(9月29日開催)に行って来ました。

南海本線貝塚駅から水間鉄道に乗り換えて、終点の水間観音駅下車。この水間観音駅は近畿の駅百選の第一回認定駅らしい。そこから少し歩くと水間寺到着。 貝塚市の藤原市長が、「水間寺は貝塚市の宝です~」とご挨拶された通り、この地域では水間寺は大変有名で歴史もびっくりするほど古い(天平16年、西暦744年創建との事)。

今回披露されたプロジェクションマッピングは、「100万回(聞き違いかも知れません。確認出来ましたら訂正致します)のパターンがアトランダムに変化するので、同じデザインに出会うのは何年後?という単位。その『一期一会』を楽しんで欲しい」との事。

常設に漕ぎ着けるには、クリアすべき課題も色々あるようですが、地域活性化のプロジェクトの一つとして勉強させられると共に、地域住民の一人として今後の盛り上がりに期待大です。